IGBP公開シンポジウム
SCJ

「生命を育む地球環境の変動予測と適応─我が国におけるIGBP25年間の歩み」

日 時:平成 27年 11月 15日(日)9:00 ~ 12:00
政策研究大学院大学 (東京都港区六本木7-22-1)1階 会議室1A・1B

アクセス方法はここを見てください

※日曜日のため、南門からしか入れません(建物内部の案内はここを見てください)

主 催:日本学術会議 環境学委員会・地球惑星科学委員会合同IGBP・WCRP・DIVERSITAS(IWD)合同分科会
共 催:日本学術会議 フューチャー・アースの推進に関する委員会
後 援:日本地球惑星科学連合



開催趣旨

 IGBP(International Geosphere-Biosphere Programme, 地球圏−生物圏国際協同研究計画)は、地球環境変動に関する科学的な基盤を確立することを目標に、ICSU(International Council for Science, 国際科学会議)の承認を受け、1990年に開始された国際共同研究プログラムである。それ以来、地球環境変動の予測と適応に資する課題として、人間活動が引き起こす変化も含め、地球システムに関する様々な変動の相互関連について包括的な科学的理解を深めることを目的に、世界各国が共同して研究を進めてきた。その間、IGBPは分野横断的な地球システムの統合研究体制を整えるフェーズへの移行に際し、共同研究の実施主体であるコアプロジェクトの体制が見直され、近年は8つのコアプロジェクトを中心に活発な研究活動を展開してきた。しかし、社会のステークホールダーからの意見を広く採り入れ、より分野横断的な研究の展開を見据え、IGBPは2015年12月を以て25年間の活動を終了し、各コアプロジェクトは新たに立ち上がったFuture Earthに向けて取り組むことになった。
 これを機に標記のシンポジウムを開催し、我が国における25年間に及ぶIGBP関連の研究活動を総括するとともに、Future Earthを含め、将来へのさらなる発展を目指して広く議論する機会としたい。

プログラム

09:00−09:10開催挨拶 中村尚(第三部会員:東京大学)
09:10-09:20来賓挨拶 長野裕子(文部科学省研究開発局環境エネルギー課長)
09:20−09:35生命を育む地球環境の予測と対応
IGBP: 地球圏−生物圏国際協同研究計画    植松光夫(特任連携会員:東京大学)
09:35−09:50日本における地球大気化学研究のこれまでとこれから
IGAC: 地球大気化学国際協同研究計画   谷本浩志(国立環境研究所)
09:50−10:05アジアにおける陸域水循環・物質循環プロセス研究と展望
iLEAPS: 統合陸域生態系−大気プロセス研究計画    三枝信子(連携会員:国立環境研究所)・檜山哲哉(名古屋大学)
10:05−10:20環境変動下における陸域変化研究の歩みと将来
GLP: 全球陸域研究計画    柴田英昭(北海道大学)

(休憩)

10:30−10:45沿岸域における陸域-海域相互作用における我が国の活動
LOICZ: 陸域−海域相互作用研究計画    山室真澄(東京大学)
10:45−11:00太平洋を中心とした海洋の物質循環と生態系動態の研究
IMBER: 海洋生物地球化学と生態系の統合研究    小川浩史(東京大学)
11:00−11:15生物がつなぐ海洋と大気間の物質循環と気候影響
SOLAS: 海洋・大気間の物質相互作用研究計画    野尻幸宏(弘前大学)
11:15−11:30将来の気候・環境変動理解のための近過去復元研究
PAGES: 古環境の変遷研究計画    横山祐典(東京大学)
11:30−11:45物理・生態・人間システムのつながりのモデル化
AIMES: 地球システムの解析・統合・モデリング    高橋潔(国立環境研究所)
11:45−12:00Future Earthへ向けて
安成哲三(連携会員:総合地球環境学研究所)
12:00-12:10閉会挨拶
Prof. Yuan T. Lee 李遠哲(前国際科学会議会長)

閉会


申し込み方法・連絡先

webによる事前申込を原則とします、当日の参加も可能です。
事前登録は以下のリンクから行ってください

連絡先:植松光夫(特任連携会員):東京大学
電子メール: uematsu@aori.u-tokyo.ac.jp