AORIJSPS
AORIJSPS

東南アジアにおける沿岸海洋学の研究教育ネットワーク構築

Establishment of Research and Education Network on Coastal Marine Science
in Southeast Asia (COMSEA)

日本学術振興会アジア研究教育拠点事業                           
Japan Society for the Promotion of Science Asian CORE Program


概要

①共同研究・研究者交流

生物多様性、有害藻類、汚染物質など、多国間拠点大学協力事業「沿岸海洋科学」により知見が蓄積されている個別の課題については、さらに海域を広げて調査・解析するとともに、これまでに得られた成果をもとに課題ごとのデータベースを整備することにより、知見の一層の充実を図る。このために、課題毎に毎年数名の研究者を派遣・受け入れして各国において調査・分析・解析を行う。いっぽう、サンゴ礁、海藻・海草群集、さらに沖合の沿岸生態系については、個別課題の研究者を組織した研究グループによる海域を特定した総合的調査を予定している。初年度は準備のためのセミナーを開催し、事前調査と調査計画の策定に充てる。

②学術会合の開催

参加国および研究分野相互の研究交流を促進する目的で、毎年1回、国を替えて国際セミナーを開催する。初年度は事業全体の計画を検討するとともに、総合的調査の詳細を策定する。第2年度以降は、観測・分析結果、参加国の国内ネットワーク、研究分野内・分野間の調整、データに基づく評価手法、総合的データベースの構築、次年度の方針等について検討する。

 

イメージ:市場での調査

イメージ:動物プランクトン

国際研究協力ネットワーク

概念図 総合的沿岸海洋データベース 研究者交流 日本 大気海洋研究所